関東

愛犬と旅行にいこう!愛犬と楽しむ温泉旅館 鬼怒川 絆

関東を代表する東京の奥座敷と呼ばれている鬼怒川温泉にもありました!!     

私たちの愛犬に寄り添ってくれる宿泊施設!            

有名な鬼怒川温泉♪1度は行ってみたいんだよね~。

ということで、さっそく調べてみましょう。

1. 愛犬と楽しむ温泉旅館 鬼怒川 絆

”鬼怒川 絆”は、旅行をきっかけに愛犬との素敵な想い出を沢山作って、より一層愛犬との絆を強めてほしいとの想いから「絆」という名が付けられたんだそうです。  

そんな”絆”は、施設内はもちろんのこと、ベッドやお布団も愛犬と一緒に使える”With Dog”な愛犬想いの旅館です。  

普段、愛犬と一緒に寝ているファミリーには嬉しい心配りです♥         

ちなみにボブ君は、足元というより足の上で寝るのでいつも足だけトレーニングしながら寝る状態になっています(-_-;)       

もう1つ、”絆”の素晴らしいところは、接客の仲居さんは動物の有識者または、有資格者からの専門教育を受けていること!

中々ないですよ!安心感が違います。

1-1お部屋

古来より日本文化として愛された趣きある和の空間になっています。

純和室■

温泉旅館 鬼怒川 絆

Aタイプ(約30平米:2人用)は、2人と愛犬で宿泊する最適な広さの純和室です。

Bタイプ(約48平米:2~4人用)は、2名定員と4名定員のお部屋があります。

Cタイプ(約60平米:4人用)は、本間、寝室、次の間と二間から成る広々としたお部屋。

Dタイプ(約91平米:4人用)は、本間、寝室、次の間と三間から成る広々としたお部屋で、多頭飼いファミリーにおすすめです。

■準特別室 青藍(約72平米)■

庭園を望むテラスの先には鬼怒川の優しい湯を楽しめる露天風呂が♥  

■特別室 東雲(約82平米)■   

四季に彩られた日本庭園を本間から望む贅沢なお部屋。

■特別室 撫子(約78平米)■

本間 京間10畳からなるお部屋は、広縁から望む日本庭園に鬼怒川の天然温泉を楽しむ専用露天風呂が完備されています♨

特別室 茜(約86平米)

間取りの室礼は撫子と同じですが、広さはさらに広々と贅沢に。

■特別室 紺碧(約95平米)■   

愛犬と一緒に露天風呂を楽しんで、そのままお部屋でくつろぐことができる贅沢なお部屋。

温泉旅館 鬼怒川 絆

貴賓室 菫(約169平米)■     

最大4人までが広々と寛げる空間で、専用の足湯からは鬼怒川絆の日本庭園を見渡すことができます。

こんなに広いのに4人までなんて!!贅沢の極みだね!

■迎賓室 竜胆(約182平米)■

約京間100畳の広さを誇る迎賓室 竜胆は、本間 京間14畳、次の間 京間20畳と広々とした空間です。  

これは、中々泊まることができないお部屋だね…ここに泊まるとボブ君を探せゲームになっちゃいそう…  

1度こんな立派なお部屋に泊まってみたいな…♪

準特別室・特別室にはお部屋の露天風呂のすぐ隣に愛犬専用の露天風呂が    

  一緒に温泉なんて~!愛犬より私たちの方が喜んじゃいますねぇ…

1-2温泉

鬼怒川温泉の歴史は、1752年(宝歴二年)に鬼怒川の西岸で発見(滝温泉)されたところから始まるそうですよ。         

露天風呂             

泉質:アルカリ性単純温泉

効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、打ち身、くじき

温泉旅館 鬼怒川 絆

わんこ専用温水遊び場

鬼怒川の美肌効果のある温泉を愛犬にも♨  

大きな子も小さな子も、バシャバシャ遊べる広さになっています。     

夏場は涼めるように温度は30度で設定されています。          

遊んだ後は、乾かせるようにドライヤーやタオルも設置されています。

利用可能時間:15時~19時 

足湯      

テラス足湯は24時間入浴可能です。

大浴場  

とろりとした肌触りで、疲れが取れて心身共に癒されますよ♨

1-3お料理

温泉旅館 鬼怒川 絆

地産地消だけに拘らず、全国各地から取り寄せた逸品の食材を最高の料理にして出してくれるんだとか。  

大人だけでなく、子供用の食事はもちろん愛犬の食事も同じように最高の料理に仕上げてくれます。

調味料を一切使わずに作った、愛犬も安心の食事だよ。

1-4施設・観光

日本庭園■             

総敷地面積2700坪の中に広がる日本庭園を愛犬と散歩する…なんとも風情がありますね♥  

絆の日本庭園は高さ数十メートルの赤松がシンボルとなっており、移り行く四季が情緒あふれる日本庭園を演出しています。            

観光■      

絆から徒歩で約15分のところには鬼怒楯岩大吊橋があり、高さ約40mの橋上からは鬼怒川の急流や緑豊かな山々を愛犬と一緒に眺めることができます。         

また、車で10分から1時間のところには日光東照宮や日光市鬼怒川レジャー公園など愛犬と観光できるところも充実しています。  

ちょっと話はそれますが…(^^)
鬼怒川温泉について、少しご紹介★
箱根や熱海と並んで「東京の奥座敷」と呼ばれる鬼怒川温泉。
近年では、各旅館ホテルは客室露天風呂の設置など、個人旅行客向けのリニューアルに積極的だそう♪
また、鬼怒川温泉駅前など温泉街を中心に、様々な嗜好のカフェなど飲食店や店舗などが増加していて鬼怒川温泉エリアを盛り上げているそうです♪
愛犬と楽しめるホテルなんかも、もっと増えそうですね~♪(期待する~✨)
鬼怒川観光地には、愛犬と散歩や遊べるスポットで言えばすでにたくさんあるんですよ☺
鬼怒川温泉ロープウェイや日光江戸村も愛犬と行けるんですよ♪
大型の公園・パークや、牧場、龍王峡も散歩にもってこい♪
DOGDEPTの大きなドッグランもあります。
鬼怒川温泉に泊まって、鬼怒川観光エリアで思いっきり遊んで帰りたいですね~!
ボブ君は、観光に行って張り切って歩くんだけど、ちょっと天気がいいと暑くなってしまってすぐにギブアップになっちゃうんだよね(笑)
春に観光に行ったときも、たまたま天気がよすぎて車のエアコンでクールダウンです(笑)
寒がり暑がりの犬種の宿命…
次は、春だったとしてもクールネックと扇風機をカートに装着して観光に挑みたいと思います‼
愛犬の旅先での体調も、飼い主の責任ですね💦
それでも、観光は楽しんでいたのでまたトライしますよ~( *´艸`)
では、話をもとに戻しまーす。

2 .基本情報

温泉がボブ君と入浴できたら最高やん!  さっそく行き方確認だ!!

<予約問合わせ先>     

鬼怒川 絆 予約係 TEL:0288-25-7733            

受付:12:00 ~ 20:00  

時間外の場合は、留守番電話に名前と電話番号を伝言しておけば折返し連絡をくれるそうです。  

予約は予約フォーム、または電話予約でも可能。     

<当日予約・予約後の問合せ先>         

専用ダイヤル TEL:0288-25-7787       受付:9:00 ~ 17:00

チェックイン15時  チェックアウト11時(迎賓室竜胆のみチェックアウトは12時)

2-1 住所

愛犬と楽しむ温泉旅館 鬼怒川 絆 

〒321-2522 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1422-4   

(※カーナビ検索は、上記の「住所」を入力)   

GoogleMap

鬼怒川 絆 TEL:0288-25-7733           

公式HP https://kizuna-kinugawa.com      

絆 Instagramはこちらから

2-2 アクセス

車でのアクセス▼  

【東京方面】     

東北自動車道宇都宮インターチェンジ → 日光宇都宮道路今市インターチェンジ → 国道121号線     

【仙台方面】     

東北自動車道矢板インターチェンジ → 国道461号線経由 → 国道121号線             

【休憩にお勧めなサービスエリア】            

東北自動車道  佐野サービスエリア(下り)           

東北自動車道  佐野サービスエリア(上り)           

※上り「佐野サービスエリア」にはドッグランはありません。            

電車でのアクセス▼            

浅草駅より鬼怒川温泉駅までスペーシア(特急)で約2時間  

浅草駅より鬼怒川温泉駅までスペーシア(快速)で約2時間半            

東武鉄道鬼怒川線「 鬼怒川温泉駅 」下車 徒歩で約10分   

【愛犬の乗車について】  

小型犬のみ乗車が可能。(ケージに入っている状態であれば無料で乗車が可能)

乗車中はケージ内に入っていても極力顔などを出さないよう注意しましょう。  

※大型犬はご乗車できません。     

<お問い合わせ先>           

東武鉄道お客様センター 

TEL:03-5962-0102(8:30〜19:00)年中無休 ただし年末年始を除く。

2-3 駐車場

無料駐車場あり  

荷物を下ろす際は、運んでくれるので車寄せへ立ち寄ってから駐車しましょう。

まとめ

仲居さんが動物の知識があるっていいですね!         

愛犬の性格に多少不安があっても、相手が動物に詳しいか詳しくないかで対応は変わると思います。         

本当に動物のことを受け入れてくれている旅館であると実感しました。            

HPにも記載されていたけど、”絆”のようにもっと動物に優しい施設や世の中に変わっていってほしいと思います。            

話が真面目になっちゃったけど…(笑)     

ねぇ、ボブ君。ここの仲居さんたちに会いに行きたいね。     

みなさんも、そう思いませんでしたか?     

思った方は、ぜひ行ってみてくださいね。  

温泉で探しているなら、こちらも↓チェックしてみてください。           

愛犬と旅行にいこう!ペットと泊まれる隠れ宿 狗の郷         

宿泊施設を利用の際は、その施設のルールを守って気持ちよく旅行できるようにしましょうね♫   忘れ物にも気を付けよう!

  • この記事を書いた人

ちゃーちゃん

関西在住◆ 旅行やお出かけが好き

-関東
-, , , , , , , , , , , , , ,