others

愛犬と出かけよう

はじめまして!

ちゃーちゃんです。

お出かけや旅行が大好きです。

我が家には、愛犬ボブ君(1歳)がいます。

犬を飼うのは初めてで、四苦八苦していますが毎日癒されます。

お出かけも、愛犬ボブ君と一緒に行けるところを探しているけど、いいところを見つけるのは中々大変ですね。

そんなとき、ふと思ったのです。

愛犬とお出かけできる全国のスポットをみんなで共有したいって!!

そう思って立ち上げたブログですが、ブログ初心者なのでボチボチ頑張りたいと思っています。

すでにwith愛犬LIFEを楽しんでいる人、もちろんこれからwith愛犬LIFEが待っている人にも役立つ情報blogに育ちますように…

どうぞ宜しくお願いします(^^)

さて、そんな気持ちで立ち上げた記念すべき1回目のブログ。

まずは、お出かけや自然豊かな場所・旅行に行くときに必要なもの調べてみました!

出かけるときの持ち物リストを確認しよう!

近所にお出かけと違って、少し遠出するときは忘れ物がないようにしたいですね!

行先や季節によって多少変わる持ち物リストですが、なくて困るよりは「持っててよかった!」といいたいですね(^^)

持ち物リスト

  • 首輪(ハーネス)・リード
  • 鑑札(ワクチン接種証明書)
  • 迷子札(飼い主の連絡先明記)
  • ドッグフード(おやつ・ご飯)
  • 食器(フード用・飲み物用)
  • 飲料水
  • トイレシート
  • ビニール袋やウェットティッシュなどのトイレ始末用品
  • マナーバンド・おむつ
  • おもちゃ
  • お着替え
  • タオル(顔や体、足ふき)
  • 粘着テープ(コロコロ)
  • クレートやキャリーバッグ
  • 夏は携帯扇風機
  • 冬はブランケット

リストを上げ始めるときりがないですが、愛犬の健康状態や季節、行先によって持ち物はしっかりと準備してからお出かけしましょう。

私は、食べ物・飲み物・トイレ用品は多めに持ち歩くことを心がけています。

ちなみに、うちのボブ君は自分のトイレじゃないとできないところがあって、毎回遠出のときはトイレも持ち運びます(笑)

みなさんは、どうでしょうか?

移動に必要な犬用キャリーバックはどう選ぶ?

犬用キャリーバッグは、愛犬と安全にお出かけするなら必須アイテムですね!

実は、私も考えて考えて購入しましたが、やっぱり用途に合わせて複数持ってたら便利だな…って実感しています。

そこで、ここではキャーリーバッグについて少し調べてみることにしました。

【移動時間で選ぶなら】

行先によっては、移動時間が大きく変わります。

愛犬と飼い主さんが負担なく移動できるものでお出かけしたいですね。

・ソフトタイプ

1時間ほどのちょっとした移動ならソフトな布製キャリーバッグがおすすめです。

トートバッグやリュック、スリングといったように可愛いデザインも多いです。

軽くてかさばらないのがいいですね。

・ハードタイプ

2時間以上の長時間移動の場合には、ハードタイプがいいですね。

プラスチックや金属などでできたハードタイプのクレートは、丈夫で安定感があります。

普段の生活から、ハウスとして活用している人も多いのではないでしょうか。

普段の生活から慣らしておくと、目的地や災害時に避難所などでハウスとしても活躍するので便利です。

外出先でも、慣れたクレートで休めるのは愛犬にとっても安心ですね!

【キャリーバッグの形状】

小型・中型・大型と愛犬によって対応出来ないバッグもあると思います。

可愛い愛犬にとって、安全を最優先にバッグの種類も選んだほうがいいですね!

・リュックタイプ

リュックでお出かけの利点は、なんといっても両手がふさがらないことですよね!

基本的に、リュックは後ろに背負うので愛犬の様子を確認できないのが難点です。

何かの拍子に飛び出してしまわないように気を付けなければなりませんね。

小まめに、愛犬の様子を確認してあげましょう。

私もリュックが欲しいと考えているけど、ボブ君の性格では難しいかな…と悩んでいます。

・クレートタイプ

手軽に持ち運べる箱型ハウスですね。

プラスチック製のハードタイプが多いです。

公共機関での長時間移動には、クレートタイプが安全で適しています。

実は、うちではクレートを大きいサイズを購入したのですが、ちょっとした移動のときには、ボブ君入れての持ち運びが重くて大変(泣)最初は、大きいサイズを買ってあげた方が窮屈じゃなくていいんじゃないかなって思って購入したんです。 ちゃんと、適したサイズを購入することの大切さを痛感した買い物でした…

・トートバッグタイプ

底がしっかりとしていて、丈夫な作りのバッグが多く使いやすいです。

見た目も、普通のトートバッグと変わらず、犬用キャリーバッグを持っているように見えません。

おしゃれで可愛いデザインが多いのも、トートバッグのセールスポイントですね!

小型犬がよく連れられているのを見ますが、本当に可愛いです!!

1点注意すべきは、体重が重たい犬種には不向きということです。

いくら、底がしっかりしていても持ち手だけで支えるのはトートバッグタイプは危険です。

・スリングタイプ

布などを肩から斜めがけにして愛犬を抱っこするものです。

このタイプは、クッション性がなく愛犬にも不自然な姿勢を強いることにもなるようです。

長時間は、やめておいた方がいいかもしれませんね。

調べてみると、機能的でおしゃれなキャリーバッグがたくさんありますね!

たくさんバッグはありますが、次の項目は必ずチェックしてから選ぶようにしましょう。

  • 安全性
  • 通気性
  • 使いやすさ
  • サイズを確認(愛犬が伏せができるサイズがいいそうです)

う~ん、私も勉強になりました。

愛犬とお出かけの日は、忘れ物がないようにしっかり準備をして楽しんできてくださいね!

  • この記事を書いた人

ちゃーちゃん

関西在住◆ 旅行やお出かけが好き

-others
-, , ,